城南News

「道徳のまち・寄居」道徳講演会

 今日は午後に町内一斉で道徳講演会がオンライン形式で実施されました。寄居町の男衾地区にある株式会社RDSの代表取締役社長の杉原行里(あんり)さんから「今日の理想を未来の普通に」と題した内容で講演をして戴きました。

 ドライカーボン製の松葉杖やパラリンピック陸上の伊藤智也選手の車いすを開発したりし、寄居町から世界へ羽ばたく企業で活躍されている杉原さんの講話を生徒はとても興味深く視聴していました。

0

資源回収(無人)のお知らせ

配布日:令和4年1月21日(金)

対 象:全保護者

 

※新型コロナウイルス感染防止のため、第2回資源回収を前回(9月)同様に、無人による回収の形態で実施します。

期間は2月7日(月)~2月18日(金)とさせて戴きます。皆様のご協力をお願いします。

0

ジュニアアスリート ソフトボール大会 優勝

年末年始にかけて「ジュニアアスリート ソフトボール大会」が開催され、ソフトボール部が優勝しました。おめでとうございます。

3月12日、13日に開催予定の「関東中学生選抜 ソフトボール大会」に埼玉県代表として出場する予定です。

大会結果

12月25日(土) 1回戦 VS戸田市立喜沢中学校 21対1 

1月8日(土)   2回戦 VS朝霞市立朝霞第一中学校 10対4

        3回戦 VS熊谷市立別府・大幡中学校 4対2

1月15日(土)   決勝 VS川口市立八幡木中学校 5対3 優勝  

0

削り花を飾って戴きました。

 本日、秋山長寿会の皆様が作られた「削り花」を生徒玄関に飾って戴きました。
「削り花」はニワトコの木を薄く削って、花びらの形にしたものです。昔から小正月に各家庭で願い事を書いた紙とともに神棚に飾られたそうです。秋山長寿会の皆様に用意して戴いた和紙には「交通安全」「試験合格」「身体健全」「学業成就」と書いてあります。

 「和紙に願いごとが書かれていますので、是非、その願いをわしづかみしてください。」と話されていました。長寿会の皆様、ありがとうございました。

0

令和3年度新人兼県民総合スポーツ大会代替大会 深谷・大里郡結果

・野球部:準優勝 1 回戦3 対2(対寄居中) 準決勝6 対2(対岡部中) 決勝1 対8(対深谷南中)
・ソフトボール部:優勝 1 回戦10 対2(対深谷中)準決勝10 対9(対岡部中)決勝11 対1(対花園中)
・男子バスケットボール部:3 位 1 回戦 50 対43(対上柴中) 準決勝 57 対75(対藤沢中)
・女子バレーボール部: 予選リーグ2 対0(対岡部中)0 対2(対上柴中)決勝トーナメント進出0 対2(対豊里中)
・女子ソフトテニス部:ベスト8 1回戦2-1(対花園中)2 回戦1-2(対幡羅中)
・男子卓球部団体:1回戦敗退 0 対3(対幡羅中)
・剣道部:団体男子1 勝1 分け1 敗 女子1 分け2 敗

0

3学期がスタート!

 本日から3学期が始まりました。冬休みを終え、元気な生徒の姿が再び学校に戻ってきました。今日の始業式では各学年の代表生徒から新年の抱負や3学期の目標と、校長先生からの講話がありました。3年生代表者生徒からは、「体調を整えて受験に取り組み、3年生全員が笑顔で卒業を迎えられるように、みんなと頑張りたいです。」と決意などが述べられました。
(以下校長講話の内容)
  みなさんおはようございます。また、新年明けまして、おめでとうございます。充実した年末年始を過ごせましたか。元気なみなさんの顔を見られて大変うれしく思います。
 さて今日は、新年にあたり「まずは行動」というお話をします。こんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。
『夢なきものに目標なし』 『目標なきものに計画なし』 『計画なきものに行動なし』『行動なきものに成果なし』
人は皆、未来の自分に対して夢や希望を持っているものです。この夢を少しでも実現させるためには、まず自分なりの行動目標を持つものです。当たり前のことですが、目標とは、夢や希望などがない状況からは生まれてこないのです。この目標を達成したいとの思いが強くなってくると、そのための方法や計画を考えるようになります。
 例えば、サッカーの大会に臨むとき、試合に勝つために、計画を立てて準備や練習をしますね。目標を立てて、それを達成するために計画にそって努力しますね。ボールコントロールのような小さな事からゲームプランのような大きな事まで計画をするかもしれません。夢をかなえるための方策を焦点化していきます。そして、現在の自分の状況を捉え、行動に移していくようになるのです。
 夢や希望を持つことは大切なことだと思いますが、この「行動を起こす」こともとても大切です。よく「心が変われば、行動も変わる」といいます。これは真実だと思いますが、この逆もまた真実であると考えます。つまり、「行動が変われば、心も変わる」ものなのです。行動・挑戦することで、物事の道理に気付き、目指す自分像も明らかになってきます。ですから、目標がないからとか、やりたいことが分からないからと立ち止まっているのではなく、目の前にある課題をやってみることから始めてみてください。
 令和4年が始まりました。まだ、まだコロナ禍の中で大変ですが、「明日から頑張ろう」などと行動を先送りにするのではなく、今から、力強い一歩を踏み出し、自分を伸ばすための行動を起こすよう心掛けてください。

0

2学期終業式

 本日は2学期最終日。今朝は体育館で終業式が行われました。始めに各学年の代表生徒から、この2学期を振り返って学校行事や学校生活、学習などで頑張ったことや反省などの発表がありました。
 代表生徒からは「授業と休み時間のメリハリをしっかりとつける。」「先生からの指示を待つのではなく、自主的に考えて行動できるようにする。」「高校受験に向けて今何をすべきなのか、計画的に取り組む姿勢を整える。」など自分の課題を認識し、今後も取り組んでいく抱負などが述べられました。
 続いて校長先生からは、立志についての話しがあり、立志を迎えるにあたり江戸時代の幕末に活躍した越前藩士「橋本左内」が書き記した「啓発録」の一節「立志の誓い」を紹介をされました。その文の中には、左内が14歳の時に立てた5つの誓いである「稚心を去る・気を振う・志を立てる・学を勉める・友を選ぶ」ついて説明し、その決意と覚悟には強くたくましいものを感じられたことを述べられました。
 そして最後に「2年生の皆さんは、2022 年は15歳、立志の年です。今日紹介した一つ一つの言葉と、現在の自分を重ね合わせて、新たな誓い、決意や覚悟を自分の中で作って下さい。また1年生は、来年15歳を迎える自分と重ねて下さい。3年生は、現在15歳を過ごす自分と重ねてみて下さい。新たな年に、新たな自分を耕す皆さんの姿を、『立志』という言葉の紹介と共に期待します。」と話されました。

0